引越し 難民問題

引越し難民問題とは

引越し 難民

 

3月は引越しの繁忙期で通常期の2倍の引越しの予約が入ります。

 

2018年頃から春の引越しシーズンに引越しの予約すら出来ない現象が社会問題になりました。

 

さらに2019年は大手の引越し業者の子会社が引越し料金を過大請求が発覚、国土交通省の行政処分を受けたことで、引越し難民が前年よりもさらに増えると予想されました。

 

引越しを請け負う業者の数が減ったことで、すべての予約を受け入れることが困難になりました。

 

そもそも引越し業者の仕事は重いものを運ぶ重労働であるというイメージが強く、慢性的な人手不足です。
物流の変化で、大型トラックの運転手の数も足りなくなっています。

 

近年では繁忙期の引越しの予約が取れなくなっていますし、運良く取れても引越し料金が驚くほど高いです。

 

そこで引越し時期をずらして繁忙期を避けるという方法も検討してみませんか?

 

例えば学生さんはとりあえず必要な洋服や学校の道具だけを持って引越しして、繁忙期が過ぎた頃に大きな家財を送って貰うという方法もあります。

 

転勤のサラリーマンファミリーも先に1人だけが最低限の荷物を持って新居に移動し、繁忙期が落ち着いた頃に家族も引越しするという方法もありますね。
これらの方法は学校や幼稚園がスタートする家族でなければ検討の余地があるかもしれません。

 

繁忙期は引越し費用も高いので、いろいろな方法を模索してみましょう。